豚の角煮レシピはじめに

豚の角煮レシピはじめに

  • 豚の角煮は、中国の東坡肉(トンポーロー)と言う料理が日本に伝わって変化した物だといわれています。
  • 沖縄ではラフテー、長崎では東坡煮(とうばに)や角煮まんなどが有名です。
  • 使用するバラ肉はアバラ骨の周囲の肉のことで、骨付きの場合はスペアリブとも呼ばれる肉です。
  • 沖縄では皮付き豚バラ肉を「三枚肉」、骨付き豚バラ肉を「ソーキ」と呼んでいます。
  • 豚バラ肉の特徴はなんと言っても濃厚な脂身ですよね、角煮の他にも酢豚やベーコンやチャーシューなどに使われます。
  • 豚は捨てるところが無いと言われる大変優秀なお肉ですが、大きく分けて7つの部位(かた、かたロース、ロース、ヒレ、バラ、もも、そともも)に分けられます。
  • 豚肉は他の肉と比べビタミンB1がとても多く含まれ、100g食べれば1日の必要量を満たすと言われています。また必須アミノ酸をバランス良く含む良質のお肉です。沖縄県は長寿で有名ですが、この豚肉のタンパク質が病気予防に効果があると言われています。
  • ビタミンB1は科学名をチアミンと言います。ビタミンB1には疲労回復効果があると言われています。逆にビタミンB1が不足すると、イライラしたり集中力が無くなったりするそうです。
  • 豚の角煮からかなり脱線してしまいましたが、以上のように豚肉は大変優れた食材です。しかし豚肉だけを食べていても全ての栄養素が補えるわけではありません。野菜や魚など色々な食材をバランス良く摂取して、楽しく美味しい食生活をエンジョイしてください。
posted by 豚の角煮レシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。